(1)東京さざんか俱楽部

 

 昭和5710月に創立し、東京都還暦軟式野球連盟の発足を機に登録番号1番で加盟し活動

しています。

 平成314月現在、大正生まれの顧問を筆頭に主に多摩地区在住の44名が登録し、毎週月曜日、水曜日にひばりアム野球場(西東京市)で練習、還暦リーグ、古希リーグなどの試合に参加しています。

  当クラブについては、以下のホームページを開設していますので、ご覧ください。 

     http://sazankaclub.jimdofree.com

 

(3)品川トータス野球クラブ

   創部34年目を迎えて増々元気に野球やってます                                                 
私たち品川トータス野球クラブは,チーム番号が3番であることからもわかるように,大変長い歴史を持っています。

創部は1985年で,年号が令和になった2019年には34年目を迎えています。                                                 
 創部当時のメンバーも,その当時のことをしっかり覚えているメンバーも殆どいなくなってしまいました。                                                 
それでも,チームが大切にしている精神は,ずっと変わらず受け継がれてきています。                                                 
① 常に笑顔を忘れずに野球を楽しもう。

② 高齢者の誇りと品位を保ち,友愛と親睦を最優先にしよう。                                                 
③ 常に健康に留意し,真摯なプレーと明るいマナーを忘れずにいよう。                                                 
 野球は勝負事です。やる以上は勝ちたい。誰しもがそう思うでしょう。そのために練習もし,試合では無 理してでも先の塁を

狙ったりもします。しかし,勝つことよりも,まずは楽しむこと,お互いに元気で野球が できることを喜びたい,

その気持ちが一番だと思っています。                                                 
 毎週1回の練習,春と秋のリーグ戦,その他にいくつもの冠大会への参加と,忙しい日程を何とかやりくりしてこなしていますが,

最近は60歳で還暦を迎えたから,「さあ野球をやろう」という訳にはなかなかいきま せん。練習に参加できるのは古希の

メンバーばかりで,還暦の人たちは,仕事が忙しくて参加できないと いうことが多くなっています。高齢化に伴って,体調を崩す

人も多く,また,自分は健康であっても,親や家族の具合がよくなければ,楽しんで野球に打ち込むこともできないでしょう。

本当に,楽しく野球ができるということは,素晴らしいことで,幸せなことであり,また幸運なことでもあると思います。
 練習や試合の後には,祝勝会,あるいは反省会と称してお酒を飲みに行き,さらにその後カラオケで熱唱する人も多いのです。

そんな時は本当に日ごろの憂さを忘れて楽しいひと時を過ごします。いい仲間と出会えたなあと思えるし,このチームで

野球ができてよかったなあとつくづく思える時間です。                                                 
 これからも楽しく野球をやっていきます。東還連の皆さんよろしくお願いします。 (文責 横山雅久)        

                                         
   創部30周年記念集合写真(平成27年3月吉日-天王洲第一ホテルにて)                        

 

(5)杉並アメニティー・シニアーズ

                 チーム紹介:杉並アメニティー・シニアーズ

  

 杉並アメニティー・シニアーズ(以下、杉並ASと云う。)は、人生最後の野球を優雅に楽しむことを目的として、

1988年(昭和63年)1月に、7名の先人によって結成され、翌1998年(平成元年)に東還連に五番目の

チームとして加盟し現在に至っています。

 

 以来、区民対象の募集と会員の縁故による入会により会員の確保に努めており、60名を超える時期もありましたが、

近年は定年延長あるいは野球人口の減少等の影響からか、会員数は減り続けており、今や、平均年齢は75才に達し、

還暦と古希の境がなくなってきている状況です。(ただし、この状況は杉並ASだけでなく、他チームも同様な傾向に

あるようです。)

 

       

 

 とは云え、8月現在の会員43名は、とにかく野球(人によっては「らしきもの」)が大好きで、灼熱の太陽のもとでの

土曜日の練習には、必ず30人を超えるメンバーが集まります。

熱射病が心配になりますが、90才の大先輩を先頭に、昭和一ケタ生まれの方達が元気に動き回っているのは驚異であり感動でもあります。

 

 春のリーグ戦は、残念乍ら結果が残せないまま終わりました。

しかし、秋以降、必ずやこれら先輩方からの無言の激励を受けて、チームとして復活をとげるであろことを確信しています。

  

                                                 木原武光 記

 

(6)小金井グランダッドベースボールクラブ

チーム紹介(No.6)       

      小金井グランダッドベースボールクラブ

   

 私たちは、東京都のほぼ中央に位置する緑豊かな文教都市として栄えてきた小金井を本拠地として活動しております。

創立は、平成元年4月東京バリアンツとして誕生し、東京都還暦軟式野球連盟に加盟いたしました。

翌年9月に、現在の小金井グランダッドBCとチーム名を変更し、今に至っております。

 

 現在の会員数は43名です。チームのモットーは「俺!主役」個人個人が自覚をもって練習に励み、試合では自分が

主役になって勝利をつかみ取ろうとの精神です。

練習は、K(還暦)チームが火曜、木曜。P(パイオニア)チームが月曜、金曜と別にやっています。

 

 今年度から監督が代わり新しいチームとして再スタートしております。現在、一部リーグに所属し、非常に厳しい戦いが

予想されますが、ここで戦えることを誇りに思いチーム一丸となって、日々精進してまいりたいと思います。

 

 最後に、東還連役員の皆様には日頃のご尽力に感謝いたしますとともに、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます